大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、測定、各種力学、機械設計、CAD/CAM演習、機械加工実習、工業材料
課題に取り組む推奨段階 CAD/CAM演習及び機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、3次元CADシステムによる製品設計技術及び、材料となる金属の知識や鋳型製作技術など、一連のものづくりの為の技術を身に付けます。

製作の目的と概要

当校生産技術科では、機械設計から機械加工及び測定・検証にいたる、ものづくりを中心とした教育訓練を実施しています。1年次より各種力学、機械設計、CAD/CAM演習、機械加工実習等の主要カリキュラムを履修し、2年次には、各学生がテーマを決めてものづくりに取り組む総合制作実習のカリキュラムを展開しています。この中で、3次元CADシステムで原型となるモデルの製作を行い、石膏を鋳型材料として利用したアルミ鋳物製作の取り組みについて報告します。

成果

アルミ鋳造は初めての取組でありましたが、注湯の際の作業性を向上させるために湯口及び湯道の改良、ガス抜き穴の位置及び口径の検討を試行錯誤で進めた結果、図2-1、図2-2のような製品を製作することができました。また製品の凹部分(文字の部分)に石膏が詰まり、石膏を除去するための仕上げ工程が必要となっていることから、型開きの際の抜き勾配について再検討を行っています。
次年度以降は、今回の鋳造ノウハウを基に鋳造による機械要素部品の製作を考えています。
3次元CADシステムを利用したアルミ鋳物の製作(H20)の画像1
図1 3次元CADによる1次型の検討例
3次元CADシステムを利用したアルミ鋳物の製作(H20)の画像2
図2-1 完成したアルミ鋳物(仕上げ加工済み)
3次元CADシステムを利用したアルミ鋳物の製作(H20)の画像3
図2-2 完成したアルミ鋳物(仕上げ加工無し)