大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械:機械設計、精密加工、NC加工、CAD/CAM/CAE、測定、材料等 電子:電子機器実装設計、マイクロコンピュータ応用 情報:ソフトウェア開発、Visual C/C++(R)プログラミング、Visual Basic(R)プログラミング等
課題に取り組む推奨段階 機械:機械設計製図及び精密機器製作課題実習・自動化機器製作課題実習終了後 電子:電子装置設計製作実習終了後 情報:インターフェース設計製作実習・計測制御システム構築課題終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

機械は、企画・設計、CAD/CAM/CAE技術、機械加工等、電子は、マイクロコンピュータ応用技術、電子機器実装設計技術、センサ応用等、情報は、組込みシステムの設計、実装等の応用実践力をそれぞれ身に付けます。

製作の目的と概要

本課題では、3次元CADデータからの早期モデル作成装置の中で、切削によるモデル作成装置としてのモデリングマシンを開発することを目的としました。同時にイベント時などにおいて若年者へのものづくり意識啓蒙のためのイベント機能を付加することにしました。
本課題では、同時3軸制御可能なCNC工作機械としてのモデリング加工機、及びイベント機能としてキーホルダの作成のための画像データからのNCデータ作成用CAM機能、キーホルダ用材料の自動供給排出機能をもったイベントユニットの開発を含む装置の開発を行いました。

成果

モデリングマシンには、モデル作成にかかる時間短縮と高精度なモデル製作が可能かどうかが重要なポイントであることから、開発にあたって装置の高精度化と高速化にポイントをおきました。
実際に加工したモデルとテーブル上に取り付けたイベントユニットがそれぞれ写真2と写真3です。
モデリングマシンとして、またイベント加工機としても必要な性能を実現することができました。
それぞれの装置、制御部(ハードウェア)、ソフトウェアの開発を通して製品開発に必要な知識を知り、また製作を通して必要となる技術、技能を習得することができたと考えます。
イベント機能を付加したモデリングマシンの開発(H21)の画像1
写真1 全体図
イベント機能を付加したモデリングマシンの開発(H21)の画像2
写真2 加工したワーク
イベント機能を付加したモデリングマシンの開発(H21)の画像3
写真3 イベントユニット