大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、設計製図、汎用工作機械加工、数値制御加工
課題に取り組む推奨段階 機械設計製図、機械加工実習、CAD実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、汎用工作機械加工、三次元CAD/CAM技術、マシニングセンタ加工技術等の応用力を身に付けます。

製作の目的と概要

私たちの身の周りに多く見かけるプラスチック製品は、金型で成形し大量生産されています。その金型を製作するには多種の加工技術・技能が必要です。
機械工業において、CAD/CAMシステムを中心とした加工の高付加価値化・高精度化に対応した技術・技能が要求されています。基本的加工技術を向上させ、高度化する生産システムを駆使し設計から成形までのものづくりを体験するために、実習課題で射出成形金型の設計・製作をテーマとしました。

成果

モールドベースは規格品を購入せず、プレートから加工して製作し、成形品は身近にある製品を題材に三次元形状で、整備機器を使用して加工できる形状であることとしました。図1は学生が成形品として決めた計量カップと餃子成形器を示します。図2は金型のアセンブリ図で成形品形状から構造は、ツープレートでエジェクタピン突出し方式を採用しました。図3は製作した金型です。
金型の製作を通し、汎用工作機械加工・数値制御加工、三次元CAD/CAMシステムを駆使した設計・NCデータの作成等たくさんの加工技術・技能に触れることができました。設計から製作までにたくさんの失敗をし、その都度、問題解決能力や協同的行動能力の養成ができたと考えます。また中核機器とした数値制御加工や三次元CAD/CAMシステムは有用なシステムではありますが、使用するための基礎となるものは、製図実習・加工実習であり、機械ハンドルの重みを体で感じた基本実習の大切さを改めて認識させ得たと考えます。
射出成形金型の設計製作(H21)の画像1
射出成形金型の設計製作(H21)の画像2
射出成形金型の設計製作(H21)の画像3