大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校住居環境科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 建築構法、建築施工基礎実習、建築施工実習?、施工図実習?
課題に取り組む推奨段階 施工図実習?、建築施工実習?修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、木材墨付・加工技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

伝統構法は、古くから継承されてきた木構造であり、金物を用いず様々に工夫された複雑な接合部や木組みが特徴です。一方、現在主流となっている在来軸組構法は、水平力に対して筋かい等の耐力壁で抵抗し、接合部も金物に頼った構法であり、接合部や木組みは簡略化されています。このような状況も含めて伝統構法を用いた建物は少なくなっており、伝統的な接合部や木組みが伝承されていないのではないかと考えられます。そこで、本総合制作実習では、伝統構法による軸組模型を製作し、伝統構法による木組みや接合部の墨付け・加工を学び、伝統構法の考え方、技術を学ぶ事を目的としました。

成果

縮尺を1/3(1寸が約3cmであるため差し金の1cmを1寸として墨付けができるように)とした伝統構法による軸組模型の製作を行いました。(図1)この模型製作を通して畳を基準とした間の考え方、伝統構法における接合部や木組み(図2)、小屋梁など丸太材の墨付け方法など木構造における様々な技術を学ぶことができました。この製作を通して学んだ技術は伝統構法だけでなく、在来軸組構法における軸組の計画や製作を行う際においても生かせるのではないかと考えます。
伝統構法による軸組模型の製作(H21)の画像1
図1 軸組の完成模型
伝統構法による軸組模型の製作(H21)の画像2
  図2 各種接合部