大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械製図、機械要素設計、メカニズム、材料力学、機械加工実習、塑性加工実習、数値制御実習、CAD実習、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 学科と実習の基礎科目を修了し、応用実習に取り組む段階
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、機械工学、機械設計、CAD、機械加工実習、CAD/CAMなどの実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

製造業における工場内においては工業製品・部品を移動させる場合に、無人搬送車(以下AGV)を使用すると人件費の削減や過負荷労働の低減などの効果があり、非常に省力化となります。そこで本実習においては、生産技術科で学んだ機械設計・機械製図(CAD)、機械加工(NC)および機械制御等を総合的かつ実践的に習得させるため、AGVおよび自動ワーク供給システムを設計・製作することにしました。

成果

生産技術科においては、機械設計、機械加工を主体に勉学し、機械制御関係はシーケンス制御の基礎を学びます。今回の総合制作実習の学生は、機械制御に高い関心を示すものが多く、制御関係の科目にはないAD変換によるPLC制御を取り入れ、製作を行いました。また、今回は中途より学生が増えたこともあり、AGVのみならずワーク供給ステーションも追加製作しました。
工場内自動搬送システムの製作(H21)の画像1
工場内自動搬送システムの製作(H21)の画像2
写真1 完成したAGV
工場内自動搬送システムの製作(H21)の画像3
写真2 ワーク供給システム