大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校 附属浜松職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械工作実習、機械加工実習、数値制御加工実習、CAD/CAM実習、測定実習、機械設計製図、材料力学、安全衛生工学
課題に取り組む推奨段階 機械加工実習、機械設計製図、CAD実習修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、「金型を設計・製作する上での図面読解力」、「目的とする成形品に対して、必要な金型の設計能力」、「金型を目的の形状寸法に削りだす為の加工測定・射出成形機の最適成形の条件の判断能力」の実践的な能力を身に付けます。

製作の目的と概要

我々の日常生活の中には、数多くのプラスチック製品が存在しており、これらを製作する為の手法として、多くはプラスチック用の「金型」が必要になります。本課題では、この金型の設計から製作を通して、「ものづくり」の一連の流れを体得することを目的としています。
また、プラスチック製品(携帯電話の外装、ハンコケースetc)という身近なものを作ることで、「ものづくり」の面白さ、大切さを理解し、学習意欲の向上を図っていければと考えています。そして、それらの経験が学生達の将来の仕事に活かすことができると考えています。

成果

今回、総合制作に携わった学生の感想を記載します。
・金型を製作していく中で、様々な工作機械に携わっていったことで、「自分はこの機械なら操作できる」といったような自信が付きました。
・今回の金型製作を通して、各々が仕事の役割を明確にし積極的に責任を持って行動することで、仕事の円滑さを図ることができました。
・1つの課題を全員で制作していく為に、全員が現在の進行状況を把握する為にも、コミュニケーション能力の必要性を痛感しました。
プラスチック射出成形用金型の設計・製作(H21)の画像1
         図1 製作課題