大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属秋田職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 精密測定、機械加工実習、数値制御実習、CAD実習
課題に取り組む推奨段階 数値制御実習修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、三次元CADによる設計技術やNCプログラミング技術、マシニングセンタ技術などの実践力や一連のモノづくりのための技術を身に付けます。

製作の目的と概要

現在、世の中に出回っているプラスチックの商品のほとんどは射出成形機を用いて製作されています。この射出成形機にはプラスチックの形状をなす金型が必要になります。金型の設計・製作に関する知識や技能は工業の世界でも必要不可欠な技術となっています。
今回の総合制作課題では、射出成形金型の設計・製作金型に関する知識、技術を習得するとともに、金型製作を行うことで加工に関する技術も習得します。また、製作した金型を射出成形機に取付け実際に射出を行ってみることで、製品ができるまでの一連の流れを理解することを目的とします。

成果

射出成形金型の設計・製作は初めての取組みでしたが、三次元CADやフライス盤、マシニングセンタを使用して試行錯誤の結果、写真2のような箱型のプラスチックの成形品を完成することができました。また、材料であるプラスチックが均一に流れていないために厚みが違う箇所があり、解析を行うなどして均一化する必要がありますので、今後検討していきます。さらに、キャビティ、コアの表面性状が粗いので、仕上げ加工で条件を変えることや手仕上げで表面性状を良くする必要があると考えられます。
プラスチック射出成形金型の設計・製作(H21)の画像1
写真1 製作したキャビティとコア
プラスチック射出成形金型の設計・製作(H21)の画像2
写真2 実際に射出した成形品