大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校メカトロニクス技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 メカニズム、工業力学、材料力学、工業材料、基礎製図、安全衛生工学、機械加工技術、電気・電子工学、制御工学、メカトロニクス工学、シーケンス制御、CAD/CAM技術
課題に取り組む推奨段階 CAD/CAM技術を含めたNC加工機による加工技術およびPLCによるシーケンス制御技術修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、実践的なシステム設計技術や、FAシステムの構築および保守管理技術を身に付けます。

製作の目的と概要

自動制御技術は、FA(ファクトリー・オートメーション)技術として製造ラインの中で広く活用されています。このFA技術をコンパクトに集約させたものとして「自動判別収納装置」を製作しました。
FA装置を製作するためには、2年間で習得した知識・技術が必要となりますが、中でも、どのような仕組みで動かすか(メカニズム)、どのようにして作るか(加工)、どのようにコントロールするか(PLCによるシーケンス制御)についての知識・技術が重要であります。
本装置を製作することにより、学習してきた知識・技術を検証するだけでなく、実際に作ることにより出てくる問題点の解決方法等を学習しました。

成果

今回の製作では、NC加工機(マシニングセンタ、レーザ加工機およびNC旋盤)と汎用機(フライス盤およびボール盤)による加工により、装置全体の駆動部分や材料供給部のワークハンド(写真2)およびワーク排出部などの部品の製作を行いました。出来上がった部品を組み立てて1つの装置として稼働させた時、自分たちが考えた動作が実現する歓びという、ものづくりの感動を体験することができました。また、仕様、工程表、各人の担当をあらかじめ決めておき、効率的に作業を行うようにしていく中で、連携して1つのものを作り出す難しさ、楽しさ、苦しさも学ぶことができ、各人の成長につながる大変有意義な実習となりました。
自動判別収納装置の製作(H21)の画像1
写真1 自動判別収納装置
自動判別収納装置の製作(H21)の画像2
写真2 ワークハンド