大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校電子技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ディジタル電子回路、マイコン、C言語、基板加工技術
課題に取り組む推奨段階 ディジタル回路実習、マイクロコンピュータ実習、電子回路設計製作実習の修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、いままで学んできた知識や技術を生かし、ひとつの製品を作り出す実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

通常の授業や実習の多くは、ある技術や要素について学ぶことがほとんどです。また、時間的な制約もあり、様々な技術が融合した実際に使用できるモノを作ることは困難です。総合制作実習では電子回路、マイコン、ソフトウェアの要素を含んだ、ひとつの完成された製品の製作を行いました。
本年度の実習課題はZigBee(R)無線モジュールを使用して、その電波強度を測定し、電波強度から距離を計算して、液晶に表示する距離測定システムの開発を行いました。

成果

この距離測定システムでは、電子回路CADを使用した回路の設計、基板加工機でのプリント基板製作、マイコンと液晶モジュールおよびZigBee(R)無線モジュールのインターフェース回路設計、マイコンのソフトウェア開発を学習することができました。また、製作したシステムを使用して、電波強度を測定することで実際に使用するうえで、様々な問題があることが分かるので、製品づくりの難しさを体験できる課題でもあります。
ZigBee(R)モジュールとマイコンを利用した距離測定システムの開発(H21)の画像1
写真 製作した距離測定システム