大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校 附属石川職業能力開発短期大学校電子技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ロボット工学実習、電子CAD実習、コンピュータ工学実習、センサ工学、電子回路
課題に取り組む推奨段階 電子回路、センサ工学、電子CAD、マイコン制御の基礎を習得後推奨
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、ロボット制御回路及び周辺回路、プログラミングの実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

電子技術科の授業で学んだ回路設計やプログラムの基礎知識をもとに、更なる電子技術の向上を目的としてポリテックビジョンin新川で開催されるビンゴロボット競技大会の参加に向け、競技用ビンゴロボット製作に取り組みました。
構成としては、ライントレースロボットと自立型歩行ロボットの2つの連携により、円盤を搬送し、格納場所へ円盤を格納する内容になっています。各ロボットの主な構成図については図1に示します。勝敗は格納場所にふられた番号がマス目となり縦、横、斜めのビンゴ数により決定します。今回は、ライントレース班と歩行班にわかれ、それぞれ仕様にしたがってロボット製作を行い、最後に連携して一連の流れを調整する形で進めていきました。

成果

成果としては、写真1がライントレースロボット、写真2が自立型歩行ロボットになります。機能としては、移動部(車輪または歩行)、アーム部、通信部の3つの要素に分かれています。両ロボットとも、コース上の白いラインをセンサが識別し、ライン上を移動する動作ができました。また、アーム制御による円盤の取得や円盤の格納においても、正確に動作することができました。しかし、赤外線通信による円盤の受け渡しは、お互いの正確な位置への停止がうまくいかず、受け渡しを失敗する場面も見受けられました。
今回のロボット製作を通じて、ものづくりの大変さ、仕上がった時の達成感、コミュニケーションの重要性を実感することができたのではないかと思います。今回の経験を活かして、今後エンジニアとしての成長を期待したいと思います。
競技用ビンゴロボット製作(H21)の画像1
図1 各ロボットの主な構成図
競技用ビンゴロボット製作(H21)の画像2
写真1 ライントレースロボット
競技用ビンゴロボット製作(H21)の画像3
写真2 歩行型ロボット