大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校ホテルビジネス科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 観光・文化論、セールスプロモーション論、商品企画実習、企画演出実習、情報処理技術実習
課題に取り組む推奨段階 商品企画、情報処理技術実習、観光・文化論などの基礎技術の習得後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、観光・文化論、商品企画、企画演出などの管理手法を身に付けます。

製作の目的と概要

沖縄は観光立県であり、観光客を魅了する様々な伝統が根付いており、なかでも経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されている染織の種類数は全国で一番です。しかし、染織の種類数が多いにもかかわらず認知度が低いものも多く、また人手不足や生産量が限られ、一つの品物が高値になってしまい、消費者が少ないのが現状です。
そこで、まずは認知度の高い琉球紅型を用いて、「身近に感じてもらう。手軽に手に入れてもらえる。」を目標とし、オリジナル製品の製作を行いました。さらに沖縄染織を紹介したホームページの作成を行いました。オリジナル製品とホームページを通じ、沖縄染織の認知度が高められるのではないかと考え本課題に取り組みました。

成果

1. オリジナル紅型製品製作
オリジナルの紅型製品として、「身近で使えてもらえる、一から手作りで作成できる、安価で作成できる」を考え、エコバッグの製作を行いました。エコバッグの定義を
 1.何度も洗えること
 2.ある程度重いものが入るくらい丈夫である
 3.小さく畳めること
 4.生地が天然素材であること
と決め、それに準拠した紅型のバッグを作成しました。

2.ホームページ作成
紅型や、八重山ミンサー、喜如嘉の芭蕉布など11種類の染織物について紹介したホームページを作成しました。
紅型の魅力 〜沖縄の染織に触れよう〜(H21)の画像1
図1 沖縄染織の認知度(162名中)
紅型の魅力 〜沖縄の染織に触れよう〜(H21)の画像2
図2 オリジナルエコバッグ
紅型の魅力 〜沖縄の染織に触れよう〜(H21)の画像3
図3 ホームページ