大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校電気技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、電磁気学、アナログ電子回路、マイコン制御、プログラミング技術
課題に取り組む推奨段階 制御機器実習及びコンピュータ工学実習修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主にマイコンおよびプログラムの実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

普段、町を歩いていると色々なお店、ガソリンスタンドなどで電光掲示板を見る機会が多くあります。この電光掲示板は、学生にとって身近なものであり、テーマとして興味を持って製作ができると考え総合製作実習の課題としました。また電気技術科ということで、発電についても学んで欲しいとの思いから、文字を光らせるための電力をコイルが磁石の磁束を切ることで発生する起電力で賄うことにしました。この製作には、専門課程で学ぶ電気理論、電磁気学、アナログおよびデジタル電子回路、マイコン制御、プログラミング等様々な技術要素を含んでいます。最終の課題である総合製作実習において、これらの技術を複合的に活用して、より理解を深めることを目的としています。

成果

図1に今回製作した残像電光掲示板の外観、図2に発電部および制御部の写真を示します。動作原理は、手回しのハンドルを回すことで、図2にある磁石の磁束をコイルが切り発電します。その発電した電力で制御部および縦一列に並んだ16個のLEDを点灯させることで文字を表示します。点灯させる文字のフォントデータはプログラミング言語であるVisual Basic(R).netを使用して作成しました。三色LEDを使用しているため色々な色で文字を表すことができます。例えば、背景色を青、文字色を赤にするなどが可能です。
残像電光掲示板の製作(H21)の画像1
図1 残像電光掲示板外観
残像電光掲示板の製作(H21)の画像2
図2 発電および制御部