大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校物流情報科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 システム開発手法やHTML、CSS、JavaScriptなどのWebプログラミング技術
課題に取り組む推奨段階 システム開発手法の基礎知識やHTML、CSS、JavaScriptなどのWebプログラミング技術の基礎技術を習得後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、システム開発手法やAjaxによるWebプログラミング技術を実践的に身に付けます。

製作の目的と概要

現在、業種・職種を問わす企業や組織において、IT(情報技術)に関する基礎知識は必須であり、社会人として必要とされる資質の一つとなっています。その知識を測る試験として、情報処理技術者試験の「ITパスポート試験」などがあります。
一方、JavaScriptの非同期通信やDOM(Document Object Model)、XML等を組み合わせたAjaxというWeb技術がGoogleMap(TM)地図サービスなどのWebサイトで使用され、最近注目されてきました。この技術を使うことにより、Webブラウザの中によりリッチなアプリケーションを作成することができ、Webにおいてユーザの使い勝手をより向上させることができます。
そこで、本制作ではAjaxに関するWeb技術を習得することを目的にITの基礎知識の学習やITパスポート試験の対策が行えるシステムの開発に取り組みました。

成果

基本設計で設定した以下の本システムの機能をAjaxというWeb技術を用いて開発しました。
(1)学習範囲はITパスポート試験問題で、四肢択一形式で問題を解くことができます。
(2)分野別練習が行えます。
 ・選択した分野の問題を数十問解くことができます。
 ・問題及び選択肢は毎回ランダムに表示されます。
(3)模擬試験が行えます。
 ・制限時間を計りながら、模擬試験問題を100問解くことができます。
 ・問題及び選択肢は毎回ランダムに表示されます。
(4)解答(正誤の判定、正解、正解数、正解率)、解説の確認ができます。
WebによるITパスポート試験対策システムの制作(H21)の画像1
図1 トップページ