大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属秋田職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 力学、安全衛生、メカニズム、設計・製図、測定、機械加工、材料、計測・制御、電気・電子
課題に取り組む推奨段階 機械要素設計、機械設計製図および機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主に実用機械の設計および製作技術の実践力を身に付ける

製作の目的と概要

 生産技術科の学生は、2年間の実習等を通じて機械加工(切削加工)に関する技能・技術を習得しているが、生産現場に即応できるより高いレベルに到達させることが必要です。
 今回の総合制作「ミニ旋盤の製作」では、実用性の高い機械の製作を通して、通常の機械加工実習等では履修できない広い範囲の技能・技術の習得を目指しました。さらに関連知識も習得しました。

成果

 本課題では、限られた実習機器・機材等を駆使し、学生自らの作業により部品加工および組立作業を行い、単年度で完成させることができました。完成後の機械の性能検査では、問題なく鋼材の軽切削ができたものの、外径切削での円筒度、端面切削での直角度など実用的な精度は得らなかったため、設計変更や部品の再加工およびシムなどでの調整を行い、静的精度検査、工作精度検査ともに実用レベルまでに修正することができました。この課題の成果物は、小物部品の加工は問題なくこなし、手送りながら実用的に使用できることが確認されました。
 今回の製作を通し、機械加工に関する学生の総合的な技術力が身に付いたものと思われます。
ミニ旋盤の製作(H18)の画像1
図1 ミニ旋盤完成品(外観)および各部の名称