大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、CAD実習、数値制御加工実習、電気・電子工学実験
課題に取り組む推奨段階 機械加工実習、数値制御加工実習、マイコン制御実習及びメカトロニクス実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主にメカトロニクスに関する実践技術を身に付けます。

製作の目的と概要

制御技術科では、機械加工やメカニズム、電子工学やメカトロニクス工学、マイコン制御などの教科を通じて、「自分で加工して動かす」事を目標に卒業制作の各課題に取り組んでいます。この課題は、機械設計から機械加工技術や制御するためのプロクラム制作などの多くの知識を含み、設計・製図、機械加工、制御等の一連の流れを理解できると考えて、学生たちと話し合い決定しました。本課題は、関節を持つ脚が3脚と関節を持たない固定脚が3脚の計6脚から出来ています。

成果

今回製作した多脚型関節歩行ロボットの本体の2方向からの写真を図1、図2に示します。
本課題を通じて、学生は機械設計、2次元CAD、3次元CAD、機械加工、C言語によるプログラミング技術、回路図面作成作業等の基礎技術を学ぶことができました。特にメカニズム、機械加工技術に関しては著しい向上がみられ、なかでもレーザ加工に興味を持つようになりました。
多脚型関節歩行ロボットの製作(H21)の画像1
図1 ロボット本体(1)
多脚型関節歩行ロボットの製作(H21)の画像2
図2 ロボット本体(2)