大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械は精密機器製作課題実習、自動化機器製作課題実習、電子は電子回路装置設計製作課題実習、情報は生産ネットワークシステム構築課題をそれぞれ終えていること。
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年次とし、生産システム技術系(機械・電子・情報)の標準課題終了後。
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、機械は機構設計、機械加工、3次元CADなど、電子は電子回路設計、マイコン制御、センシング技術、モータ制御、電源回路設計など、情報はマイコン制御、パソコンでの経路計算、通信、アニメーション制作などの応用的な技術を身に付けます。

製作の目的と概要

球体型移動ロボットの設計製作を通して創造力、企画力、機構設計、ハードウェアおよびソフトウェア設計、電子回路設計、プログラミング制作、組立て調整、プレゼンテーション能力等、一連の製品開発技術を習得するための課題です。
マイコン、センサ、通信機能等を搭載した球体型移動ロボットの開発を行いました。昨年度、製作した球体型移動ロボットの改良型と機構の異なる球体型移動ロボットを設計製作しました。パソコンやリモートコントロールからの制御指令によるロボット動作、動作モニタリング、自立走行など目的に応じた動作ができる球体型移動ロボットを目指しました。

成果

球体の中に機構部、制御部、電源等を入れ、低重心で安定した動作が可能なロボットを目指して、機構部、制御システムを新たに設計製作し、更にパソコンとの通信機能、リモートコントロールによる操作、パソコンでの経路計算等により、操作性が昨年度のロボットより向上した全方向に移動できる球体型移動ロボットが完成しました。
球体型移動ロボットの開発(H21)の画像1
写真1 球体型移動ロボット1
球体型移動ロボットの開発(H21)の画像2
写真2 球体型移動ロボット2