大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 型工学、金型要素設計、金型設計、金型設計演習、数値制御加工実習、CAD/CAM実習、制作実習、放電加工実習、射出成形実習
課題に取り組む推奨段階 制作実習(金型)の終了後(事前に簡単な金型を設計・製作を行い、学生自身で議論が進められることが望ましい。)
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、金型設計技術、精密加工技術、精密測定技術、金型設計製作の実践的な問題解決能力を身に付けます。

製作の目的と概要

日本の金型は高い技術力に裏づけられ世界的に高い評価を受けています。しかし、熟練技能者の減少や若者の理工系離れが深刻化し、後継者育成に問題が出始めています。日本金型工業会では、このような状態に危機を感じ、学生に金型の面白さや奥深さを味わって興味をもってもらい、金型技術の裾野を広げることを目的にグランプリを開催することになりました。
第2回となる本年度のグランプリ課題は、ロボット模型が提示され、プラモデルのように部品を組み立てられる課題となりました。その製品形状の問題点確認から金型構想設計・詳細設計を経て金型製作・成形を行なうことで、設計・製作技術の修得と同時に、成形品から設計や製作の問題点検証を行ない、グランプリに出場する他大学の学生とも交流し、金型技術の向上を目指します。

成果

本課題を設計から製作・成形までを行なうことで、金型設計・製作のポイントについて体感でき、金型の設計技術や精密加工技術を修得して金型を完成させることが出来ます。多くのミスもありましたが、その改善・克服方法についても体験できたことは学生にとって大きな成果でした。
また、製品設計や金型設計において様々な意見を出し合い、金型構造を検討することで、基本的な金型技術の理解と面白さを味わえたかと思います。グランプリに出場すると言う目的意識・競争心から少しでも良いものを作りたいという向上心が出てきたことはこの課題に取り組んだ成果として良い点でありました。
金型グランプリ課題ロボット模型金型の設計・製作(H21)の画像1
図1 ロボット模型
金型グランプリ課題ロボット模型金型の設計・製作(H21)の画像2
写真1 製作金型
金型グランプリ課題ロボット模型金型の設計・製作(H21)の画像3
写真2 成形品