大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、シーケンス制御、ラダープログラミング技術、PLCの入・出力インタフェース技術、CAD技術
課題に取り組む推奨段階 シーケンス制御実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、ロボットの実践的活用技術、応用的なパソコンのプログラミング技術を見に付けます。

製作の目的と概要

ものづくりの生産現場、とりわけ自動化された生産ラインでは、各種の多関節型ロボットが様々な工程で使用されています。
本年度の総合制作実習では、製造工程で多用されている産業用ロボットの実践的な活用技術の習得を目的に、小物部品を搬送し整列させるパレタイズ装置を製作しました。

成果

部品の色を判別し、色毎に決められたパレットへ高速で搬送させる装置を製作することができました。ロボットハンドやパレットの形状を設計・製作すると共に、パソコンの運転操作画面やロボットおよびPLC(Programmable Logic Controller)のプログラムなど、各種の制御プログラムの制作と検証技術を習得できました。また、産業用ロボットの活用を通して、教示作業の緻密さとそれに要する多大な労力、制御パラメータ設定の効果と重要性など、通常の実習では経験できない作業も体験することができました。
パレタイズ装置の設計・製作(H21)の画像1
写真1 製作したパレタイズ装置の外観
パレタイズ装置の設計・製作(H21)の画像2
図1 動作概要図