大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械製図、CAD実習、機械加工実習、数値制御加工実習
課題に取り組む推奨段階 機械加工実習後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通じて、特に3次元CADを活用した実践的な設計力を身に付けます。

製作の目的と概要

設計から加工までの学生が主体となって作業するには、時間をかけながら少人数で実施することで細部までこだわった作品づくりが可能となります。
本年度の実習課題では、これまでの授業で習得した知識・技能を可能な限り多く利用して課題作成することを重視するとともに、多くの学生が興味があると想定される「ロボット」をモーターなどの動力を使用しない、生産技術科なりの表現手法で製作しました。

成果

学生の発想力・設計能力は非常に素晴らしいものがあることが分かりました。それを具体化する際の知識・操作方法の未熟さは、担当教官はもちろん学生間での伝達により補うことが出来たため、苦手分野の克服やコミュニケーション能力の向上にもつながりました。そして、自分で設計したものが自分で加工できるという面白さを十分習得することができたのではないかと考えます。
変形ロボの製作(H21)の画像1