大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校電子技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 プログラミング技術、PLC制御、センサー工学、図学
課題に取り組む推奨段階 マイコン・インタフェース技術、プログラミング技術、CAD図面作成の基礎を習得した段階
課題によって養成する知識、技能・技術

光センサ応用技術、バーチャルリアリティ、ゲームプログラミング

製作の目的と概要

 近年、医療福祉分野において、リハビリテーションに関わる新しい潮流が生まれてきています。それは、苦痛を伴うリハビリテーション訓練を少しでも楽しいものにしようとする試みであり、リハビリテイメントマシンと呼ばれています。これは人工現実感とも関連し、制作するには人間の日常的な動作をコンピュータ等の機器に取り込む必要があります。
 そのためのひとつの試みとして、虫取り動作に着目し、ゲーム性を持たせたアミューズメント機器を制作しました。

成果

 本課題は、虫の捕獲動作の測定結果を元に、スクリーン手前の限られた空間を、網が通過することを認識させるものであり、2つの光電センサからの出力信号を、理論モデルから数式を導きだしました。信号はPLCにて処理され、網の通過認識信号は、インターフェースを通じパソコンに送られます。その信号を元に、ゲーム性を持たせた画面を制作しました。
 プログラムは、MacroMediaのFlashにより制作され、オープニングムービー及び、ゲーム本編ともActionScriptにより記述されています。
体感型インターフェースを有するアミューズメント機器の制作(H18)の画像1
写真1.外観
体感型インターフェースを有するアミューズメント機器の制作(H18)の画像2
図1.システム構成