大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、設計・製図、機械加工、電子回路(アナログ、ディジタル)マイコン制御
課題に取り組む推奨段階 機械設計製図、機械加工実習、インタフェース実習、マイコン制御実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、CAD製図技術とマイコン回路の製作及びプログラミング技術の実践力を身につけます。

製作の目的と概要

近年、二足歩行ロボットをはじめ、様々なロボットがメディアに登場し、これらに関心を持つ学生が増えています。ロボコン競技の出場に向けて課題の製作に取り組むことは、目標が明確なため学生への動機づけもしやすい面があります。
本年度の実習課題では、2年間のカリキュラム内容の復習と実践力を身につけること、ものづくりの一連の流れを把握することを目的に競技ロボットの製作に取り組みました。

成果

課題の成果として、競技大会が定める規定を満たすロボットを製作することができました。また、大会で活躍する程の完成度は得られませんでしたが、所定のコース上をライントレースすること、円盤の取得、格納動作を行うことを確認しました。
授業では基本的な部分しか扱わないため、レーザ加工やエッチングによる基板製作といった、より応用的な実習作業や、自ら選定し、初めて手にした部品を用いて、実際に動くものを製作した意義は大きいと考えます。今後はより安定した走行、確実な動作を実現するプログラムの構築が必要と考えます。
競技ロボットの製作(H21)の画像1
製作した競技ロボット