大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械技術:機械設計技術、機械加工技術、組立調整技術・電気電子技術:マイコン利用技術、PLC利用技術、プリント基板設計技術、配線技術・情報技術:インターフェイス設計制作技術、データーベース設計技術、画像処理技術
課題に取り組む推奨段階 生産機械:精密機器製作課題実習、自動化機器製作課題実習終了後・生産電子:電子回路装置設計製作課題実習、マイコン制御装置設計製作課題実習終了後・生産情報:生産ネットワークシステム構築課題実習、生産データベースシステム構築課題実習、画像計測システム構築実習
課題によって養成する知識、技能・技術

「ものづくり」の全工程の生産管理を主体的に行う複合化した技術、技能及びその活用能力(応用力、創造的能力、問題解決能力、管理的能力)の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

過去の開発課題では、開発する装置によっては3科の技術要素に偏りがあり、本当に取組みたい技術に挑戦できないという声が挙げられていました。そこで、応用課程2年間の集大成として、3科が技能・技術をバランスよく活かせたうえに、他の大学校と技能・技術を競い合える技能競技型課題を検討しました。その結果、受注から出荷までを行う自動組み立て生産ラインを想定した装置を技能競技課題としました。昨年度は、技能競技に必要な課題装置の共通仕様と評価基準の作成を行い、共通仕様に基づいた課題装置を製作しました。また、製作後に評価基準に基づいた課題装置の評価を行い、技能競技として成立することを確認しました。今年度は、東海職業能力開発大学校と技能競技のトライアルを行い、より完成度の高い技能競技課題の開発を行いました。

成果

昨年度に作成した競技課題の共通仕様と評価基準の精査を両校で行い、より技能競技に適した内容に修正しました。修正した新しい共通仕様を基に両校で課題装置の製作を行い、技能競技のトライアルを行いました。当校では図1に示す「デジタル時計組み立て装置」を製作しました。
今年度は、昨年度に製作した装置に比べて電子製品の組み立て精度の向上や、装置の信頼性の向上を実現することができました。また、他大学校と競い合うことで、学生の技能・技術力が向上しただけではなく、開発課題に対するモチベーションの向上や、学生間の交流が図れたなど技能競技ならではの成果を得ることができました。
今回の競技トライアルを通して、技能競技として課題が成立することを確認しました。
応用課程技能競技型課題の開発(H22)の画像1
図1 デジタル時計組み立て装置