大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計、機械製図、CAD、材料力学、機械材料、機械加工(旋盤加工、フライス加工、溶接、ワイヤカット)、組立、検査、評価
課題に取り組む推奨段階 (1)の学科と実習の終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

設計、製図、図面の読解力、加工精度、加工・組立の応用力などの実践力

製作の目的と概要

設計製図を行い、実際にその設計物を製作する課題は機械科目のさまざまな要素を含んでいるため、課題の難易度と作業量が適当であれば、実習課題として最適であると考えます。そこで、設計や製作の難易度と分量を考慮して、身近な存在でもあるパンタグラフジャッキの製作を課題として選び、これの設計・製図から、製作・検査までを行いました。

成果

授業では設計製図や各種の加工実習を行っていますが、これらの授業で実際に一つの課題物を製作することを前提にした、一連の設計製図と加工実習は行っていません。今回一つの課題について、設計から製作まで、まとまった作業をはじめて経験させることになりました。これによって、設計から製作までの流れや進め方、強度計算や寸法公差の必要性、部品の選定や発注作業、加工時の精度の重要性、グループ作業での分担や計画遂行などを学ばせることができました。これらは応用課程での学習目標ですが、レベルの違いはあるものの、専門課程でも同じように学ばせることができたと思っています。
ねじ式パンタグラフジャッキの製作(H22)の画像1
図1 製作したねじ式パンタグラフジャッキ
ねじ式パンタグラフジャッキの製作(H22)の画像2
図2 ジャッキアップ実験