大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属青森職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路、情報通信工学、アナログ回路技術、マイクロコンピュータ工学、組込みソフトウェア応用技術、インターフェース技術
課題に取り組む推奨段階 上記科目の習得後
課題によって養成する知識、技能・技術

回路設計製作、マイコンプログラミング、RTOS、ネットワーク、データベース、オブジェクト指向プログラミング

製作の目的と概要

近年、エアコンなどの長時間利用によって家庭での消費電力は上昇の一途をたどり、省エネが叫ばれています。そこで校内の省エネ活動の第一歩として、室内の温度・湿度・照度をセンサで計測し、その情報をサーバへ集約して、LAN上のパソコンからいつでも閲覧できるシステムを制作することにしました。
制作にあたっては、組込み技術者としての素養を身につけられるよう、リアルタイムOS(以下RTOS)を用いた開発を行うことにしました。

成果

温湿度センサ、照度センサ、マイコン、RTOS、データベースを用いて目的のシステムを制作しました。マイコンボード上のセンサで温度、湿度、照度を計測しLAN経由でサーバのデータベースへ格納します。ユーザはLAN上のパソコンのブラウザからサーバへアクセスし、最新の計測データを表やグラフで閲覧することができます。計測データから夜間に電気が点いている等と判断した場合、ブラウザ上に警告メッセージが表示されます。
RTOSには採用実績の高いμITRON仕様のTOPPERS/JSP、通信用ミドルウェアにはTINETを用いて開発を行いました。また、サーバアプリケーションはJavaTM(サーブレット/JSP)を用いて開発しました。
この製作をとおして、回路設計制作、マイコンプログラミング、RTOS、ネットワーク、データベース、オブジェクト指向プログラミングといった、組込み技術者として必要な素養を身につけることができました。
リアルタイムOSを用いた室内環境計測システム(H22)の画像1
図1 システム構成
リアルタイムOSを用いた室内環境計測システム(H22)の画像2
図2 作成した基板
リアルタイムOSを用いた室内環境計測システム(H22)の画像3
図3 ブラウザからのアクセス画面