大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 <共通>安全衛生など<生産機械システム技術科>機械製図、CAD/CAM技術、精密加工技術、溶接技術、自動化機器設計など<生産電子システム技術科>マイコンシステム設計技術など<生産情報システム技術科>プログラミング技術、組込みプログラミング技術など
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年次、標準課題修了時
課題によって養成する知識、技能・技術

<共通>安全衛生など<生産機械システム技術科>機械製図、CAD/CAM技術、精密加工技術、溶接技術、自動化機器設計など<生産電子システム技術科>マイコンシステム設計技術など<生産情報システム技術科>プログラミング技術、組込みプログラミング技術など

製作の目的と概要

コーナーシャーとは板金工作機械の一種であり、建築板金や配電盤等の箱型板金製品の製作において、板の端を任意の大きさでせん断する板金工作機械です。コーナーシャーを用いたせん断作業では、製品図があっても、せん断作業前に複雑な展開計算を行う必要があります。このため、製品の加工精度が作業者の技能レベルに左右されます。しかし、現場では技能の伝承が進まず、限られた作業者にしか扱えないことが学生たちの調査で解りました。
本開発では、コーナーシャーの基本機能に加え、作業支援機能を付加することで、初心者でも熟練技能者と同等に作業が行えることを目的に開発を行いました。

成果

今回開発したコーナーシャーを図1に、基本仕様を表1に示します。せん断加工においては、ノッチ能力の範囲において、良好なせん断面を得ることができ、加工機として十分使用できるレベルでした。作業支援は本体に取り付けられたタッチパネルによって行います。初心者でも、画面の指示に従って入力することで目的の製品を加工することができます。特に定形の箱型製品の加工においては、製品の選択など画面指示に従って作業を進めることで、自ら展開計算をすることなく、せん断作業に至ることができます。
当初設定した仕様を概ね満足させることができ、開発目標を達成することができました。また開発を通して、学生たちは企画から製作・評価までの目標とする技能・技術を習得できたと考えます。
作業支援機能を持ったコーナーシャーの開発(H22)の画像1
図1 コーナーシャー外観
作業支援機能を持ったコーナーシャーの開発(H22)の画像2
表1 コーナーシャー基本仕様