大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、自動化機器応用実習(PLC)、精密機器設計、自動化機器設計、精密加工応用実習、CAD設計応用実習、生産電子は安全衛生、制御技術、制御技術応用実習
課題に取り組む推奨段階 標準課題実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、総合的な設計、製作、制御技術や技能を身に付けます。

製作の目的と概要

豆腐を主力商品として製造・販売しているT社から、「豆腐製造ラインの中の商品包装工程の改善を考えて欲しい」という依頼があり、今年度の開発課題のテーマとして取り組むことにしました。 図1に現在の豆腐包装ラインの工程を示します。工程?では豆腐カップを作業者が手作業でコンベアの上に乗せ、タレ袋を作業者が手作業で乗せています。工程?では自動包装機に搬送され1つずつ包装されます。工程?では、異物混入検査機により検査されます。工程?では商品を作業者が手作業で箱詰めします。そこで、作業者の負担軽減のため、豆腐カップにタレ袋を1つずつ乗せる工程?の作業と商品を箱詰めする工程?の作業の自動化に取り組みました。

成果

工程?を自動化したタレ袋自動供給装置の概観を図2に示します。ストッカに多量に入った繋がられたタレを一つ一つ切断し、豆腐カップに乗せることができました。また、タレ袋供給タクトタイムは1.4[秒/個]でした。熟練作業者とほぼ変わらない時間で供給することができました。図3に工程?を自動化した豆腐自動箱詰め装置を示します。豆腐カップ商品を正しく箱詰めすることができました。T社の担当者を招いて見学会を開きました。
「今後、ラインの改善を検討するときに、ぜひ参考にしたい」という評価を受けました。
豆腐包装ラインの改善(H22)の画像1
図1 現在の豆腐包装ライン
豆腐包装ラインの改善(H22)の画像2
図2 タレ袋自動供給装置
豆腐包装ラインの改善(H22)の画像3
図3 豆腐自動箱詰め装置