大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計製図、機械加工、力学、メカニズム、シーケンス制御、空気圧制御、安全衛生
課題に取り組む推奨段階 上記の内容終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通じて、機械装置の設計・組立・調整能力・プログラミング・保全等の自動化システムに関する実践力を身につけます。

製作の目的と概要

自動車などの生産自動化ラインでは、産業用ロボットが活躍し、人の手を経ないで製造されるなど、様々な専門技術が集約されています。また、その複合化された技術の高さを競い合う技能五輪(メカトロニクス職種)が開催されるなど、高度情報化する生産現場の運営・管理に対応できるメカトロニクス技能者が求められています。
本課題では、技能五輪でも実際に使用されている自動化装置をベースにして、自動化システムの設計・組立・調整能力・プログラミング・保全技術等を向上させることを目的として自動化システムの構築に取り組みました。

成果

技能五輪では、?新規ステーションを製作する課題、?競技用FA モデル(標準ステーション)・新規ステーション・ロボットステーションを使用して生産設備を立上げる課題、?トラブルシューティング課題の3つの競技を行い、装置の設計・組立・調整能力やプログラミング・ネットワークの構築・トラブルシューティングなどの総合的・複合的な技術力が競技されています。 
本課題では、技能五輪用課題をベースに、新規ステーション(ハンドリングステーション)の製作と自動化システムの構築を行いました。
新たに製作したハンドリングステーションには、該当する位置へワークの供給を行う役割があり、高さ調整を行う昇降駆動部とワークピースの取扱いを行う吸着部によって構成されています。また、昇降駆動部には、送りねじを用いたパルス検出による位置検出を行っており、位置精度1.5[mm]、昇降速度13[mm/s]となっています。
この課題製作を通じて、自動化システムにおける要素の特徴と相互関係を理解しながら、各要素の選定や使用法を学び、目的であった自動化システムの設計・組立・調整能力・プログラミング・保全技術等を向上することができたと考えます。
自動化システムの構築(H22)の画像1
図1 新規に製作したハンドリングステーション
自動化システムの構築(H22)の画像2
図2 自動化システムの仕様