大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工実習、CAD実習?・?、CAD/CAM実習、数値制御加工実習、機械設計実習、
課題に取り組む推奨段階 CAD実習?・?終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

射出成形用金型製作を前提とした汎用加工技術、高精度輪郭制御加工技術、CAD/CAMシステムの利用技術、流動解析技術、及び金型設計のための、3次元CADシステム利用技術

製作の目的と概要

ガラス製品やゴム製品、また陶器やアルミサッシのフレームなど、工業製品の多くが型技術を利用して生産されています。身近な100円ショップに売られているプラスチック製品も樹脂成形用金型による成形品であり、型製品の生産量の多くを占めます。
金型を製作するには、図1に示すように設計・製図の知識や各種加工技術、また材料の知識など幅広い技能や知識が求められます。また3次元CAD/CAM/CAEなど、比較的新しいツールを使いこなすことも求められ、製作過程において多くの技術を活用し、習得していくことになります。
3次元CADや解析技術など、専門課程で身に付けたものづくりのノウハウを駆使し、2年間の集大成として樹脂用金型の製作に取り組みました。

成果

完成した金型を図2に示します。また射出成形機により成形した製品を図3に示します。金型の設計から製作を通して、3次元CAD/CAMの活用技術や数値制御による加工技術など、ものづくりのノウハウが身に付いたと考えます。また、金型関連職種に就く学生は無論のこと、機械加工関連の職種に就く者に対しても、職業能力の習得に向け成果があったと考えます。
3次元CAD/CAM/CAEを活用した射出成形用金型の製作(H22)の画像1
図1 金型製作に必要な技術要素
3次元CAD/CAM/CAEを活用した射出成形用金型の製作(H22)の画像2
図2 完成した金型の外観
3次元CAD/CAM/CAEを活用した射出成形用金型の製作(H22)の画像3
図3 成形品の外観