大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校 附属滋賀職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、設計・製図、CAD/CAM、機械加工、数値制御、測定、工業材料、工業力学、材料力学
課題に取り組む推奨段階 機械要素設計、機械加工実習、CAD/CAM実習、数値制御加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主に3次元CAD設計、機械加工技術および組立・調整の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

設計・製作・評価という“ものづくり”の一連の流れを理解し専門技術の向上を図ることを目的として、加圧型のスターリングエンジンの設計・製作に取組みました。また、その成果の発表の場として、自作したスターリングエンジンの性能を競う全国大会であるスターリングテクノラリーに参加しました。今回試作したエンジンは、封入圧力1MPaの加圧型で、クランク機構にスコッチ・ヨーク機構を採用し、エネルギー回収を行う再生器を取りつけました。

成果

今回試作したエンジンの設計図を図1に、試作機を搭載した競技中の車両を図2に示します。
エンジンの形式は、β型(同一シリンダにディスプレーサとパワーピストンとを配置した形式)で、エンジン上部のシリンダヘッドの周囲には、加熱用のガスバーナを配置しています。エンジンの仕様の詳細を表1に示します。エンジンの定格出力は、100W(回転数500min⁻¹)と設定しました。
 また、スターリングテクノラリーでは、人間乗車クラスで3位に入賞すると共に、アイデア賞金賞を受賞することができました。
加圧型スターリングエンジンの試作(H22)の画像1
図1 設計図
加圧型スターリングエンジンの試作(H22)の画像2
図2 試作機を搭載した車
加圧型スターリングエンジンの試作(H22)の画像3
図3 表1