大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校 成田校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、測定、力学、設計・製図
課題に取り組む推奨段階 機械設計製図、機械加工実習及び数値制御加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

主に機械要素設計、機械加工(汎用機、NC工作機械)の実践力を身につけます。

製作の目的と概要

減速歯車装置の設計は機械設計製図の標準的な課題です。今回は総合制作実習の課題として製作に取り組み、歯車もワイヤーカット放電加工機により加工を行いました。
また、CAD/CAMや汎用機、NC工作機械を使用し、総合的なものづくりの能力を養うことを目的としました。

成果

仕様をもとに減速歯車装置の構造を考え、計算により各部品の寸法を決定しました。それにより力学や製図の復習にも繋がったと考えます。
また、製作にあたり様々な機器を使用したことで、基本的な機器の基本操作が身に付き、加工工程や段取りがいかに重要であるかを確認することができたと考えます。
減速歯車装置の設計・製作(H22)の画像1
図1 減速歯車装置 3次元モデル
減速歯車装置の設計・製作(H22)の画像2
図2 減速歯車装置