大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属青森職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、CAD、機械工作、プラスチック射出成形
課題に取り組む推奨段階 旋盤、フライス盤、研削盤の機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、CAD・加工・測定・成形技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

生産技術科で学ぶ製図、加工、測定の技術的要素がすべて含まれている課題としてコップを成形する金型を設計し、実際に射出成形しました。
 コップを選んだ理由は、形状が簡単であること、スリープレートの金型構造を勉強できることです。ポリプロピレンを使い射出成形することで、成形サイクルと成形条件、特に温度と圧力の設定が重要であることも学習できます。

成果

設計には、金型設計で一般的に用いられる専用CADは使用せず、汎用の2次元CADと3次元CADを併用しました。2次元CADは、半自動NC機械で加工する際に寸法を確認するために用い、3次元CADは、金型の組立と型開き・型締めの動きを検証するために用いました。
設計では、加工精度の検討を十分に行い、それに伴う加工手順も十分に検討しました。ピンポイントゲートの加工では、近くの金型加工工場に出かけて、加工ポイントを助言してもらっています。
 製品を作ることで加工精度の意味が実感できたと思います。
金型加工と射出成形(H22)の画像1
図1 成形したコップ
金型加工と射出成形(H22)の画像2
図2 製作した金型
金型加工と射出成形(H22)の画像3
図3 組立図(CAD)