大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 マイクロコンピュータ技術、プログラミング技術、アナログ回路、インターフェイス技術
課題に取り組む推奨段階 インターフェイス製作実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、マイクロコンピュータの内部モジュールの実践力、アナログ回路技術やインターフェイス技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

学生の就職先である電子計測器の開発設計業務へ活かすために脈拍測定器を製作しました。また、製作した学生が、以前学んでいた体育学の中でこれを頻繁に使用し、馴染みの深いため非常に興味を持ち、積極的に製作作業を行いました。
本製作により、センサ回路の製作を通してアナログ回路技術、PICマイコンを利用した組込み技術の習得が可能です。また、これまでアナログ回路、インターフェイス技術、マイコンのプログラミング等、専門課程の多くの科目に関連しています。

成果

脈拍センサ回路の検出部には、フォトリフレクタを使用しました。実習で身近なセンサを利用して、自分達の求める仕様で回路設計・動作検証しました。これにより、センサの特性やフィルタ回路・増幅回路の各特性について理解を深め、回路を改善する技術が身付きました。
マイコンのプログラミングでは、内部モジュールを積極的に利用することで、マイコンのプログラミング技術に幅を持たせることが可能であることがわかりました。
 また、製作物について小型を考慮しましたが、消費電力の関係で乾電池仕様になり、それを補う方法として、学生自らパッケージに工夫を凝らしました。
脈拍測定器の製作(H22)の画像1
図1 製作基板
脈拍測定器の製作(H22)の画像2
図2 ケース画像