大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械設計製図、汎用工作機械加工、数値制御機械加工、CAD/CAM
課題に取り組む推奨段階 CAD実習、CAD/CAM実習、数値機械加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、3次元CAD/CAMシステムによる設計技術やNCデータ作成技術、フライス盤やマシニングセンタによる機械加工技術などのものづくりに必要な実践的な技術を身につけます。

製作の目的と概要

射出成形は、金型(キャビティ:凹型、コア:凸型)を作成し、溶融したプラスチック原料を金型内部の隙間に圧力をかけて流し込み、冷却後、固まったプラスチック製品を取り出す成形方法です。私たちの身の回りのプラスチック製品のほとんどが、この射出成形によって製作されています。
 今回、射出成形金型の設計・製作を行い、実際に射出成形し、成形品ができるまでの一連の流れを習得することを目的としました。また、生産技術科の授業及び実習(機械設計製図、機械加工実習、数値制御加工実習、CAD/CAM実習など)で習得した内容がどのように結びつくのかを認識させることも目的の1つです。

成果

当校の射出成形機の性能に合わせて成形品のテーマやサイズを決めました。実際に製作した金型を図1に示します。今回は学園祭などで地域の子供達が喜ぶようなキーホルダーを成形品として作成することにしました(図2・図3)。
 3次元CAD/CAMシステムを用いた金型設計及びNCデータ作成では、CAD/CAM実習などの既習の実習と比べて、より実践的な技術を習得することができたと考えられます。フライス盤やマシニングセンタを用いた機械加工では、与えられた工具や切削条件で行ってきたこれまでの機械加工実習とは違い、学生自ら工具を選定し決定した切削条件で加工しました。これまでの学習を役に立てることができたと考えます。
何よりも自分達が設計したものが形になるというものづくりの感動・喜びを味わうことができたことが良い経験になったのではないかと感じています。
射出成形金型の設計・製作(H22)の画像1
図1 製作した金型
射出成形金型の設計・製作(H22)の画像2
図2 成形品
射出成形金型の設計・製作(H22)の画像3
図3 キーホルダー