大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 マイクロコンピュータ工学、センサ技術、アナログ回路、ディジタル回路、TCP/IPネットワーク技術、通信プロトコル
課題に取り組む推奨段階 2年次後期(上記の前提となる科目、または知識の習得後)
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、ハードウェア、ソフトウェア、通信技術を融合した組込みシステム技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

近年、地球温暖化の問題が深刻化しています。身近なところで考えると、冷暖房によるエネルギーの無駄遣いなど、少しの心がけだけで改善の余地がある事象も決して少なくありません。
そこで、総合制作実習の課題テーマとして、ネットワーク(以下 LAN)を利用した室温管理システムを製作することとしました(図1参照)。本システムは、LAN対応マイコン、温度センサを使用して常時室温を計測し、LANを利用してそのデータを収集してデータベース化します。適切な室温でない場合は通報メールを送信する、もしくはある期間の室温状況を把握(グラフ化)することで、空調機の運転状況を確認できるシステムとなります。

成果

室温を遠隔から管理可能なシステムを製作しました。測定温度の誤差は±1℃と、おおむね満足できるシステムを完成させることができました。製作を通して、LANマイコン部(図2)では電子回路、基板の実装、組込みプログラムに関する技術を習得しました。管理用システムにおいてはWindows®、Webアプリケーション、DBに関する技術を習得しました。更に、通信プログラムを実装することで、ハードウェア、ソフトウェア、通信技術を融合したシステム製作を実践することができました。
ネットワークを利用した室温管理システムの製作(H22)の画像1
図1 システム構成図
ネットワークを利用した室温管理システムの製作(H22)の画像2
図2 マイコン部
ネットワークを利用した室温管理システムの製作(H22)の画像3
図3 グラフ化