大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパスインテリア科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、インテリア材料、インテリア加工
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年時(インテリア加工実習終了後)
課題によって養成する知識、技能・技術

木材加工技術・プロダクト製品の企画力等の実践力を身につけます。

製作の目的と概要

この制作課題では、小学校におけるペットボトル回収箱の作成をとおして、企画力を身に付けると同時に簡単な木工技術を習得することを目的としています。
企画段階では、小学生が喜ぶペットボトルキャップの回収箱の機能、及びに安全性などを、小学校の職員そして小学生と一緒に企画・設計を行いました。
また製作後は、再び小学校の職員そして小学生を交えて、使い勝手の検証を行い、修正を加えることにより、作品の実用性をたかめました。

成果

回収箱製作のプロセスをとおして、企画力、CAD製図、CGならびに手工具、木工機械の取り扱いにいたるまで、基本技術の習得ができました。
特に企画段階ではっきりとした、使用目的を定めることにより、企画力を身につけることができました。また、検証を第三者が行い、改良を行うことにより、レベルの高い作品となりました。
エコキャップ回収棚の製作(H22)の画像1
図1 完成作品
エコキャップ回収棚の製作(H22)の画像2
図2 作品の小学校での検証
エコキャップ回収棚の製作(H22)の画像3
図3 CGによる検討