大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス建築科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、大工用工具の取扱い、電動工具の取扱い、仕口・継手加工法、建築材料学、建築法規
課題に取り組む推奨段階 建築施工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

主に構造材の墨付け加工技術の実践的な技術を身につけます。

製作の目的と概要

日本の家屋には古くから現しの小屋組みが用いられており、その中には丸太梁や太鼓梁と呼ばれるほとんど製材されていない梁が数多く使用されています。丸太の向かい合う二方向のみを垂直に落とした太鼓梁は、墨を矩の手に回すことが容易ではないため、継手や仕口の墨付けが困難になり、また、曲がりを持つことで小屋束胴付き長さの算定等が複雑になります。
そこで、本研究では太鼓梁を持つ小屋組みを原寸大で作製し、その過程で一般の部材と大きく異なる墨付けの手法、及び加工法を習得する事を目的とします。また、既存図面の検証と修正提案も同時に行うことと
します。

成果

今まで授業で扱ってきた図面をモデルとして取り上げることによって、図面だけを扱ってきた時点では気付かなかった問題に直面しました。それらを改善するための検討を行い、その結果を修正提案として取り入れることができました。
また、現在では一般の大工でも太鼓梁の墨付けができる職人は非常に少ないと言われています。実際に墨付け、加工に携われた事はとても良い経験となり、一般部材と大きく異なる墨付けの手法、及び加工法を習得することができました。
この成果を教科書の出版社へ送付し、今後、後輩が使用するであろう教科書の改善にお役立ていただければ幸いです。
太鼓梁を用いた小屋組みの制作(H22)の画像1
図1 小屋組全景
太鼓梁を用いた小屋組みの制作(H22)の画像2
図2 太鼓梁のひかり方