大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計製図 機械加工 材料 CAD/CAM 数値制御加工 安全衛生
課題に取り組む推奨段階 機械設計製図及びCAD関連(3次元CAD、CAD/CAM)機械加工実習修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、設計から組み立てに必要なCADおよび精密加工技能を身に付けます。

製作の目的と概要

卓上ボール盤といえば、工作機械の中でも最も広く使用されている機械の代表です。基本的には、被削材に穴をあけたり、ネジを加工したりする工作機械です。構造はそれほど複雑ではありませんが、専門課程で習得した機械技術、力学、機械要素、加工等の技術要素が満遍なく必要とされることから、1年間の課題としてミニ卓上ボール盤を製作することにしました。1年次に学習した機械加工やCAD/CAM、3次元CADによる設計、ワイヤカット等の応用などを通して、ものづくりに必要な精度加工、図面の作成、製品の評価を行うことを目的としました。

成果

本課題は、参考文献等を使用しないで、実習場にある市販の卓上ボール盤をスケッチすることから始め、大きさを設定したり、内部構造を機構学的に想像したりしながら、設計を行いました。それゆえに、実際の機器とは違う構造になっており、完成品が必ずしも良い製品とは言えない物でした。しかし、学生自らが考案し、加工し、組み立てを行いながら、どうにか稼働できる製品を完成させたことは、大きな自信に繋がったように思えます。限られた時間の中で、失敗を繰り返しながら、話し合いで解決していく向上心はこの課題に取り組んだ大きな成果として評価すべきものです。
ミニ卓上ボール盤の設計・製作(H22)の画像1
図1.完成品
ミニ卓上ボール盤の設計・製作(H22)の画像2
図2.T溝加工