大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、マイコン制御、通信、基板設計・製作、はんだ付け
課題に取り組む推奨段階 情報通信工学実習およびマイコン制御実習、基板設計・製作実習 修了後
課題によって養成する知識、技能・技術

マイコン制御とパソコンによる通信および基板設計・製作技術を身につけます。マイコン制御部とパソコン通信部と2人で作業を行うことで、進捗状況の確認や通信プロトコルの調整などが必要となるため、グループでの開発に必要なコミュニケーション能力などが養成されます。

製作の目的と概要

バーサライタと呼ばれる残像現象を利用した組込み機器の設計製作を行いました。このバーサライタは、地域のイベントやポリテックビジョンなどでものづくり体験での活用を意識して開発しました。開発時には、体験する人、使う人、1個当たりの単価を意識し、機能の決定から、使用部品の選定などをおこないました。また、体験する人の満足度を高めるため、パソコンからの点灯パターンの変更機能も付加しました。
?.バーサライタ回路の設計・製作
?.パソコンとマイコンとの通信アプリケーションの作成

成果

今回、製作したバーサライタを動作させた写真が図1です。また、体験時に体験者が自由に点灯パターンを作ることができるようにしたExcel®VBAのマクロが図2です。このキットおよびパターン作成マクロは、ポリテックビジョンでのものづくり体験に活用しました。
 実際に活用することにより、思いつかなかった不具合や使いづらさを肌で感じることができたようです。
バーサライタキットの製作(H22)の画像1
図1 表示した残像
バーサライタキットの製作(H22)の画像2
図2 点灯パターン作成マクロ