大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工、数値制御、機械加工実習、機械製図、基礎製図、精密測定、測定実習、CAD実習?(2次元CAD)、CAD実習?(3次元CAD)
課題に取り組む推奨段階 数値制御加工実習終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

加工技術、CAD/CAM、数値制御の実践的な技術を身につけます。

製作の目的と概要

本総合制作課題はターニングセンタによる複合加工を目的としています。課題を通して複合加工である多軸機能の理解、ターニングセンタの構造と機能の確認、CAD/CAMにおける製品の設計製作等、就職先で役立つ実践的技能習得を目的としています。
製作物は3部品から構成されており、通常のNC旋盤加工(Z・X軸)以外にエンドミルを使用したフライス加工(Y・C軸)が加わり、より複雑な形状を設計しています。

成果

灯篭の材質はアルミニウムを選定しました。出来上がりの見栄えを考慮し、チャックによる傷・圧痕等が残ることを考えて生爪もアルミニウム製を取り入れました。製品は3部品(図1〜4)から構成されています。各部品においては工具の干渉、工程管理、CAD/CAMにおいて幾度となく試行を繰り返し、設計から加工まで一人で行うことができます。
ターニングセンタによる灯篭の製作(H22)の画像1
図1 全体イメージ
ターニングセンタによる灯篭の製作(H22)の画像2
図2 部品?笠
ターニングセンタによる灯篭の製作(H22)の画像3
図3,4 部品?竿,部品?台座