大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校住居環境科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木造住宅の設計、CG制作
課題に取り組む推奨段階 建築設計実習?、?、?終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、主に木造住宅設計技術の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

今回、「江津市移住・交流促進協議会」における活動の一つとして実施された「コンパクト農村民家モデルの作成とPR」事業に参加させていただきました。
この事業は、田舎暮らしを希望する他地域の方に江津市の魅力を知ってもらい、理想の田舎暮らしを提案できるような民家モデルを作成、PRしていこうというものです。具体的な取組みは、都市住民の田舎暮らしニーズを反映したコンパクトな農村民家モデルの設計とそれをPRするためのパンフレット作りです。

成果

PRパンフレット「江津で叶える理想の家」(図1)の作成にあたり、中国山地を流れる大河、江(ごう)の川(かわ)沿いにある「山間の家」のプランニング及びパンフレット掲載用のパースを作成しました。プランニングにおいては木造住宅の実践的設計手法を身に付けることを目的に、魅力ある暮らし方が提案できるような間取りや外観をもつ江津の特色を活かした住宅を設計しました。また、設計した住宅のイメージや特徴を十分に提案できるよう、3次元CADによるCG画像制作によってパースを完成させました。(図2〜4)
今回、依頼を受けそれを達成するという事業に参加するなかで、実際に仕事をするというのはこういうことかと思いながら作業ができ、その中でまだまだ学生気分で「仕事」というものに対する意識の甘さを学生自身が実感することができました。
江津市におけるU・Iターン促進農村民家モデルの作成(H22)の画像1
図1 完成したパンフレットの表紙
江津市におけるU・Iターン促進農村民家モデルの作成(H22)の画像2
図2、3 内観パース1,2
江津市におけるU・Iターン促進農村民家モデルの作成(H22)の画像3
図4 外観パース