大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計、機械加工、機械要素、CAD演習、制御技術演習
課題に取り組む推奨段階 機械加工実習、機械設計製図 終了後
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、設計技術、加工技術、制御技術 全般の実践力を身に付けます。

製作の目的と概要

市場におけるニーズの多様化により、機械産業においてもこれまで以上に様々なニーズを実現することが望まれ、より魅力ある商品を効率良く設計して製品化していくことが求められています。このため、従来の設計方法だけで対応することが困難と考えられ、その対応策として学生に対する創造的設計法が注目されています。
本年度の課題では、設計技術や機械加工技術さらに制御技術の三要素を網羅し、しかも課題製作に楽しみが期待できるような「電動スケートボード」(図1)を取り上げ、そのボードの製作と設計技術の検証を行うことを目的としました。

成果

設計から加工、部品配置の検討等全ての工程で、3次元CADを利用したため、総合製作では発生しやすい設計変更や工程変更にすばやく対処する事が出来、設計から製作までの一連の作業を自ら経験することが出来ました。
さらに、DCモータの制御にホール素子を利用した速度制御方式を採用し、手軽で、しかも簡単に制御できました。
電動スケートボードの設計と製作(H22)の画像1
図1 製作した電動ボード
電動スケートボードの設計と製作(H22)の画像2
図2 三次元CADを利用した設計