大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属福山職業能力開発短期大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、数値制御加工、設計・製図、CAD、マイコン制御、センサ
課題に取り組む推奨段階 機械製図、力学、CAD実習、数値制御加工実習及びマイコン制御実習後
課題によって養成する知識、技能・技術

題を通して、主にメカニズム設計及びレーザー加工技術、マイコン制御の実践力、パソコンプログラム、無線通信の知識等を身に付けます。

製作の目的と概要

学生が自分たちで作品テーマを考え自分たちの力で実現しようと提案し、班の全員でディスカッションしていたところ、学生から2010年2月の中国ポリテックビジョン(会場:中国職業能力開発大学校)において、応用課程の展示作品の中に車両をWii®リモコンでワイヤレス操作している作品を目にし、自分たちも専門課程で習得した知識で、似たようなシステムをチャレンジしたいと提案がありました。 そこで、Wii®リモコンで操作するロボットの製作を行いました。

成果

ロボットの設計・製作は、3次元CADでおこない、部品のアセンブリ、シミュレーションによりリンク機構で片側3本の脚がスムーズに歩行するかどうか検証を行い、脚や胴体部品をNCプログラムに置き換えレーザー加工機で1.5mm厚アルミ板から切り出しました。切り出した板材を曲げ、組み立て、モータのギヤボックスを取り付け、前進するかを動作確認し、6脚タイプの歩行ロボットを作成しました。完成写真を図1に示します。
ロボットを制御するための制御回路の設計、製作を行いました。制御用コントローラとして、16ビットマイコンを使用、Wii®リモコンからの操作指令は、市販のBluetooth®無線モジュールで受信し、指令に従ってモータドライバを経由して、DCモータを正転逆転させます。
ゲーム機用コントローラ操作型ロボットの製作(H22)の画像1
図1  6脚歩行ロボット外観
ゲーム機用コントローラ操作型ロボットの製作(H22)の画像2
図2 制御回路ブロック図