大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属島根職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 シーケンス制御、空気圧、機械加工、金属加工、数値制御、機械設計、工業力学、材料力学、工業力学、金属材料
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

計画立案、仕様書作成(性能の検討)、見積もり書作成、設計、製作、組立・調整、制御プログラムの作成、プレゼンテーション

製作の目的と概要

今日、選別機は製造業においてはもちろんのこと、流通業界ほかさまざまな分野で不可欠な機械となっています。また、空気圧を利用した様々な機械装置が、省力化、自動化、そして生産の合理化推進のために大きく貢献しています。本課題では、学んだ知識、技能・技術を活用し選別機を製作することにより、ものづくりの面白さを知り、二年間の教育訓練の集大成とすることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
上記の養成する知識、技能・技術に加え、総合的な実践力を身につけ、製作実習をグループで進めることにより、協調性、コミュニケーション力も身につけます。

成果

全体構想の策定から、機材等の発注、加工・組立・調整、プログラミングと当初の計画に沿って進めることができました。企画・検討した仕様を満たす装置を納期内に製作し、ベルトコンベアとエアシリンダを用いた選別機の一連の動作のプログラミングを理解させることができました。
★アピールポイント:
ポリテックビジョンの時には、学生がピック&プレースの動作を説明しながら、選別の様子を来場者に見てもらい楽しんでもらうことができました。また、授業においてプログラミングや空気圧装置の教材として活用しています。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
空気圧を利用した選別機の製作 エアシリンダのPLC制御(H23)の画像1
図1 本体正面
空気圧を利用した選別機の製作 エアシリンダのPLC制御(H23)の画像2
図2 空気圧回路図
空気圧を利用した選別機の製作 エアシリンダのPLC制御(H23)の画像3
図3 プログラミングフロー図