大学校及び設置科 港湾職業能力開発短期大学校 神戸校港湾技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 プログラミング技術、PLC制御、パソコン制御、センサ技術
課題に取り組む推奨段階 RFID利用技術、無線LAN利用技術、プログラミング技術の基礎を習得した段階
課題によって養成する知識、技能・技術

在庫管理、ICタグ、無人搬送車、無線LAN

製作の目的と概要

 現在、物流倉庫や工場ラインにおいて、機械化、情報化を融合した荷役機器が数多く使用されています。
 本課題では、近年、物の管理手段として注目を集めているICタグ(RFIDタグ)のリーダを搭載した、倉庫内の荷物や工場内の部品を自動搬送するAGV(無人搬送車)を改良することを目的としています。このAGVを走行させることにより、荷物に取り付けたICタグを読み取って倉庫内の在庫管理を行う方法を考察します。

成果

 ICタグ(RFIDタグ)リーダ/ライタとアンテナを搭載したAGVを製作し(写真1参照)、コースを走行させ(図1参照)、荷物に取り付けたICタグを読み取らせました。荷物は3種類それぞれ5個程度でしたが、問題なく読み取り可能でした。制御プログラムは構造化プログラミング言語を使用し、読み取った商品データはデータベースとして保存され、Webサーバーと無線LAN経由でデスクトップパソコンからWebベースで閲覧可能としています。
IC タグを活用した倉庫管理用AGV の製作(H18)の画像1
<写真1 製作物概観>
IC タグを活用した倉庫管理用AGV の製作(H18)の画像2
<図1  AGV 走行コース>