大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工実習、機械工作実習、数値制御加工実習、機械要素設計、CAD実習、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して設計から加工までの一連の流れと各種機械加工についての実践力を身につけます。

製作の目的と概要

フライス盤と言えば、ものづくりには無くてはならない代表的な工作機械です。またフライス盤をNC技術と組み合わせることで、製作不可能な形状はないと言えるほど複雑な形状も加工することが可能です。しかしフライス盤加工技術者、特に初心者の中には、その工作機械自体の構造を正しく理解することなく使用している技術者が数多くいるように思います。そこで本課題では、設計段階で工作機械の構造に関する理解を十分に深め、実際に加工・組み立てを経験することで、今後の機械設計、機械加工、機械保全などの場で役立つ知識や技能を習得することを目的とします。
★技能・技術習得目標:
2次元、3次元CADを使い機械設計を行い、JIS製図規格に準ずる機械製図ができることや、各種工作機械を使用し、目的の形状の加工ができることです。また、完成したCNCフライス盤を使って、任意の3次元形状を削り出すことができることも目標のひとつです。

成果

学生の機械設計や機械製図、機械加工、CAD/CAM技術などに関する技能を、本課題の製作を通して向上させることができました。また今年度の課題は、昨年度、一昨年度の製作物の反省点を踏まえて、製作し直したもので、昨年度の欠点が改善された製作物となっています。
★アピールポイント:
本課題は他の課題と違って、その製作物を使用して新たな製作物を創り出すことができることが一つの特徴ではないかと考えています。完成したら終わりではなく、その製作物を利用して、CAD/CAM技術などを習得することができます。また、多くの訓練施設では、高価なNC工作機械一台だけで数十人を対象とした訓練を行っていますが、本製作物を利用することで、簡易的な工作機械を1台、2台…と増やすことができ、訓練の中身を充実させることも可能です。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
小型CNCフライス盤の製作(H23)の画像1
図1 小型CNCフライス盤の外観
小型CNCフライス盤の製作(H23)の画像2
図2 製作物による加工中の様子
小型CNCフライス盤の製作(H23)の画像3
図3 小型CNCフライス盤による加工物