大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 製品材料設計・精密機器設計・電子回路技術・デジタル通信技術・画像処理・生産データベース分析設計
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

精密機器設計製作技術・自動化機器設計政策技術・コンピュター制御システム技術・計測制御システム技術

製作の目的と概要

近年、製品の小型・精密化が進展し、マイクロマシンの実現を目指す動きが展開しています。マイクロマシンは消費電力、材料等の使用が極めて少なく環境問題も含め近未来に必要な産業技術です。その実現のための小型機械であるマイクロマシニングセンター(Micro Machining Center)を開発することにしました。加工機や加工設備を小型化することで省資源、省エネルギーへの貢献を図り、最終的にはマイクロファクトリーを完成させることを目標としています。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、微細加工技術、通信技術、アンドロイドOSを用いたシステム制御技術を習得します。

成果

小型のマイクロマシニングセンターを開発しました。3本の工具を自動交換できるATC機能を搭載し、切削軌跡やNCプログラムなどの表示機能を持ち誰でも簡単に操作することができます。XYテーブル、主軸、ATCなどの一連の流れをアンドロイドOSを用いて制御することができました。

★アピールポイント:
アタッシュケースに内蔵でき、どこにでも持ち運びの出来るマイクロマシニングセンターを開発しました。
学校説明会や展示会等に持ち運び出展することが容易にできます。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
マイクロマシニングセンターの開発(H23)の画像1
図1 装置写真
マイクロマシニングセンターの開発(H23)の画像2
図2 操作画面