大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校 附属滋賀職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械製図、機械要素設計、メカニズム、機械設計製図、油・空圧制御、機械加工実習、数値制御加工実習、CAD実習、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械要素選定、機械設計技術、空圧制御技術、CAD技術、CAM技術、マシニングセンター操作、ワイヤーカット操作、フライス盤作業、旋盤作業、平面研削作業

製作の目的と概要

機械のメカニズムを知ることは、機械系の製造業に働く上で必須です。とくに学生にとって、新しい技術を知ることは良いが、昔の技術を知ることはもっと大切と考えています。そこで、昔に作られた機械のメカニズムを知り、専門課程二年間で学んだ知識・技能をどのように生かせるかを考えることは、重要な教材と成りえると確信しています。本課題では、蒸気機関車をモデルに機械設計から加工、組立・調整までを挑戦することで、昔の技能者、技術者の偉大さを知ることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、図面を描く力と読解力を養います。また、加工作業における効率的な段取りについても習得します。

成果

平成23年度製作に係わった学生は、模型機関車として完成したため、満足感を味わったと思います。また、機械系指導員としての機械設計、機械加工技術の技量を向上させることができたと思います。
★アピールポイント:
近畿ポリテックビジョンに出展し、学生や来客者の興味を引いたと思っています。また、施設内でのオープンキャンパスや来校者に、生産技術科の作品としてアピールできました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
空気圧模型機関車の製作(H23)の画像1
図1 参考蒸気機関車モデル
空気圧模型機関車の製作(H23)の画像2
図2 空気圧模型機関車 完成品
空気圧模型機関車の製作(H23)の画像3
図3 操作盤完成品