大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校住居環境科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 建築構法、構造力学(?・?)、建築施工実習(?・?)、建築構造実験
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

建築耐震技術、耐震補強技術、建築振動解析技術

製作の目的と概要

木造住宅の地震時挙動を理解し、その耐震化を図る技術を習得するために、実建築物と同じ周期で振動する建築振動模型を製作し、模型を活用して、耐震補強等の耐震化技術を習得できるようにすることを目的とします。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、構造計算技術や振動解析技術、耐震補強技術を習得します。

成果

2階建て木造軸組み住宅の地震時振動を模擬した住宅振動模型を製作しました。この模型の特長は、実木造住宅とほぼ同程度の固有周期をもって振動する点です。この模型を使用して振動実験を行なうことで、筋違いや面材耐力壁の耐震補強効果の違いや、配置のバランスによるねじれ振動など、建築振動や耐震補強に関する技術をより効果的に習得することができました。
★アピールポイント:
木造住宅と同じ固有周期で振動する模型にするために、柱の剛性がどの程度でなければいけないか、そのためにどのような材料で柱を製作しないといけないか等、詳細に振動計算・構造計算をしながら、製作しています。木造住宅模型でも実構造物のようにゆっくり揺れるようにできています。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
木造軸組み住宅の振動模型製作(H23)の画像1
図1 木造軸組み住宅の振動模型
木造軸組み住宅の振動模型製作(H23)の画像2
図2 筋違いの載荷実験
木造軸組み住宅の振動模型製作(H23)の画像3
図3 振動模型の固有周期の測定