大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計製図、CAD実習(?・?)、シーケンス制御実習(?・?)、特殊加工実習、油空圧制御
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計製図の知識、3次元CAD設計技術、レーザ加工技術、シーケンス制御技術、タッチパネルの知識、空気圧機器の知識、電気機器の知識、電気配線の技能

製作の目的と概要

最近の工場では、製品寿命の短期化や顧客ニーズの多様化により、多品種少量生産の要求が高まっています。それに伴い生産ラインは、部品供給や組立等の工程に応じた作業ユニットで構成されており、その一部を換えることにより多品種少量の生産に対応しています。本課題では、機械部品の仕分けを自動で行う作業ユニットを製作
することで、今までに学んできた専門知識・技術を実際の課題に適用する応用力を習得します。
★技能・技術習得目標:
課題製作を通して、機械製作に必要な構想、3次元CADによる機械設計、機械加工、組立・調整、制御等の一連の工程を習得します。

成果

材質の異なる3種類(鋼、アルミ、プラスチツク)の機械部品を自動で仕分ける機械を製作しました。機械部品を100個連続で供給し、誤動作することなく仕分けることを確認しました。入力機能と表示機能にタッチパネルを用いた事と制御部をボディ内に収納した事で、機械全体が納まりのよい形状になりました。
★アピールポイント:
ものづくり研究発表会で、展示・動作させ来客者に製作目的や機能を説明しました。また、高校生
対象のオープンキャンパスにおいて、生産技術科の学習内容を紹介する一例として活用し、参加者
が興味深く見学しています。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
機械部品の自動仕分け機の製作(H23)の画像1
図1 外観
機械部品の自動仕分け機の製作(H23)の画像2
図2 レーザ加工用図面
機械部品の自動仕分け機の製作(H23)の画像3
図3 タッチパネル画面