大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校電気技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電気機器、制御機器、制御工学、パワーエレクトロニクス工学
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路設計技術、機械加工・設計技術

製作の目的と概要

現在、EV車などの電気を使った乗り物に注目が集まっており、これから普及していく可能性のある近未来的な乗り物として、これまでに学習してきた知識を活かす事ができ、さらに沖縄ポリテクビジョンの展示会場で、来客者が興味を引く事が出来る本テーマを選定しました。
★技能・技術習得目標:
部品の選定、回路の設計、本体の加工、動作検証など、ものづくりの一連の流れについて、本テーマを通して体験してもらいたい。

成果

残念ながら、2輪による自律走行までできなかったため、本体は補助輪付きとなりました。また、ノイズが完全に除去出来なかったため、人を乗せての試乗はしませんでした。ただ、人の乗らない無負荷の状態では、
車体を前後に倒す事によって車輪の加速・減速、前進・後退を、ハンドルを左右に倒す事によって、旋回走行を実現することができました。
★アピールポイント:
これまでの総合制作実習でDCブラシレスモータを用いたものがなく、資料などが殆どないゼロからのスタートでかなり苦労しましたが、設計図も学生自身が考え、DCブラシレスモータのドライバを2台分作製することができました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
電動立ち乗り2輪車の作成(H23)の画像1
図1 2号機のシステム構成
電動立ち乗り2輪車の作成(H23)の画像2
図2 本体上面
電動立ち乗り2輪車の作成(H23)の画像3
図3 電動立ち乗り2輪車